―私達はこうして前向きになった―

「人生終わった」っと借金で苦しめられた時、この言葉が救った

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

今回、ご紹介する男性は600万円という多額の借金から立ち直した男性の話です。

彼は感情や気持ちに振り回され、多額の借金を抱える事となりました。

しかし、彼は釈迦の名言を聞き、立ち直ります。彼の心の背景で何があったのでしょうか?後ほど解説します。それでは彼のストーリーを見て行きましょう。

借金地獄の私の実話

仲が良いシニアの夫婦

私は60代前半の夫婦です。現在は家などのローンも完済し、無借金で心穏やかに暮らしている二人ですが、40代後半にはサラ金600万、破産して家、土地を取られる一歩手前でした。

その頃、出会った釈迦の「自分に勝つのが真の勝者」

戦場で百万人に勝つよりも、一人の自己に克つ者こそ実に最上の勝利者であるという言葉に感銘を受け、目の覚める思いをしました。

それから月々の生活費の収支がプラスに転じ、7年で借金を完済できました。それを知る仲間内では奇跡とも言われました。

浪費癖が原因で借金まみれに!?

絶望する男性

私はギャンブルに入れ込んでいるわけてもなく、趣味に大金を注ぎ込んでいるわけてもなく、自分では浪費している感覚はあまりありませんでした。

単身赴任をしていて食事は100%外食、誘われれば必ず付き合い人と酒を飲む、部下にはいい顔したくて必ず奢るなど誰でもしていそうなありふれた生活態度でした。

ただ、その生活態度が自分を地獄の入口に導いていました。

月々の収支が毎月マイナスになり、サラ金から十万、十五万と借りていくうちに、借りる先も二社、三社と増え、気が付いた時には七社六百万になっていました。

よくある破滅パターンに完全にはまっていたのです。状況に正面から向き合えず、まあ何とかなると特段の工夫対応もせず、自分に負け続けていました。

釈迦の名言で私は変わった

都心のビル

釈迦の「自分に勝つのが真の勝者」この言葉に出会ってから私は変わりました。

月々の生活費の収支がプラスに転じるよう正面から取り組みました。食事は全て自炊にし、部下との飲み会もオフィスにコンビニから買い込んで済ませ、休みの日は図書館に弁当持って一日過ごす事で部屋の光熱費も浮かせ、と徹底して月々の収支をプラスにしていきました。

酷い月は一食七十円と設定して過ごした月もありました。そして、己れに勝ちました。

七年で六百万完済し、その二年後には家、土地のローンも完済し、現在無借金で暮らせてます。心が自由で穏やかな生活が妻と送れてます。

釈迦の自分に克つ者こそ、最上の勝利者という言葉が私を変え、月々の生活費の収支に正面から向き合え、どうしたらプラスになるか一生懸命考え、本当に行動できたのです。

今は妻と二人で、ローンに追われない経済状況で良好な人間関係に感謝し、何でもない日常生活を味わえるようになりました。心が自由である時間が増えました。

雑な性格が借金を作った!?

大人の文房具が乱雑に置かれている

ここからは、何故、彼が多額の借金から立ち直れたか?彼のワークの元、私の見解で解説します。

まず、多額の借金があった当時、彼は歩合の営業マンであり、雑な性格であったと話してくれました。口癖も「楽して儲け、短い時間で成果をだす」のような言葉を使っていたそうです。

この言語は、目的志向型(目的や目標を達成するとモチベーションが上がるパターン)です。目的志向型は無理難題でも、チャレンジし行動します。

しかし、目的ばかりに意識が集中するので問題を見つけるのが苦手です。そして、目的志向型に引っ付きやすいパターンがあります。それは全体型です。

全体型はザックリと物事を把握します。あなたの周りにもいませんか?物事をザックリと伝えるので言っている事が分からない人は?そして、彼は借金が膨らんでいる最中、このような事を考えていたそうです。

「歩合制の仕事で借金が多い方が励みになる。そんなに贅沢はしていないから、いつかなんとかなる。」典型的な目的志向型、全体型の言葉です。

借金を返す脳のパターンへ

集中して勉強をしている様子

そして、釈迦の「自分に勝つのが真の勝者」を聞く事で彼のパターンが変わります。

まず、1つ目に目的志向型から問題回避型に脳のフィルターが変わります。問題回避型は問題を見つける事や避けなければならない事を見つけ出すのが得意です。

そして、先を読む事も得意とします。彼の中で「借金が多い方が励み」というフィルターが「借金は問題」という問題回避型に移行します。

そして、全体型から詳細型にフィルターが変わります。詳細型は名前のごとく、詳細の情報を処理する事が得意なパターンです。しかし、ざっくりとした情報は理解できません。

そして、彼に名言を聞いてから何か、考えや行動は変わりましたか?っと聞いた所「借金という問題を解決する意識が芽生えて、自分を完全にコントロールするようになりました。」

また、「経済を1円単位で考えるようになりました。生活習慣も100%外食から100%自炊になりました。」っと話して下さいました。この言葉は問題回避型、詳細型の典型です。

問題回避型と詳細型の連携と聞くと、「問題ばかり詳細に気を使って小難しい人だな」っと思われる方もいるかもしれませんが、自己破産など避けるべき状況がある時、とても役立つフィルターなのです。

最後に彼はこんな事を語ってくれました。

「私は釈迦の名言のおかげで自分から逃げなくなり、経済をプラスに出来るようになりました」

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 辛い時の名言集 , 2019 All Rights Reserved.