―私達はこうして前向きになった―

手塚治虫の言葉で私は「自分自身」を取り戻した

アバター
WRITER
 
夏の空の下で座る
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

今回、ご紹介する方は手塚治虫さんの名言から、自分自身を取り戻した方を紹介します。

彼女は「人を助けたい」という気持ちで看護師になられた方で、自分自身を偽りながら、約10年ほど看護師をされた方です。

ワークでも彼女は語っていましたが、看護師の職は彼女にとって、とても辛い職業と話して頂きました。

そんな彼女を変えた名言が手塚治虫さんの名言

『人を信じよ、しかしその百倍も自らを信じよ』

この言葉を聞いて、自分自身を取り戻し、今現在は海外で活躍中です。私自身も彼女のワーク、言語を解析して分かりましたが、彼女の看護師を辞める判断は正しいと言えます。

実は彼女は看護師の職に合う言語パターンでは無かったんですね。「自分を偽って10年以上もよく、看護師をやられたな」っと個人的には思います。(価値基準がそうさせたのは分かっていますが…)

彼女はなぜ、看護師の職に適していなかったのか?看護師に適している言語パターンとは?彼女のワークを踏まえながら解説していきます。それでは彼女のストーリーを見ていきましょう!

看護師の仕事は想像以上に辛かった

眉間に手を置く疲れた女性

私は10年以上、看護師として働いていました。

大病院に勤めていた私は、看護師になって10年目を過ぎてベテランとして見られるようになり、

後輩や看護師学生を指導したり、だんだん仕事での責任が重くなり、日々の業務以外でしなければいけないことが増えて、プライベートの時間を削ったり、遅くまで残業したりして、かなり疲弊していました。

休日を返上して出勤してもお給料はもらえず、また周りの同僚もそうやっていたのでサービス残業も当たり前で、休みや仕事が終わって夜遅くまで残っていても上司からも何も言われない職場だったのです。

当時、付き合っていた彼とは同棲していましたが、晩ご飯も外食が多くなったり、家で喧嘩も増えました。

元々、沢山の人のためになろうと志して看護師になり、看護師としての仕事をして幸せだと思えてたのが、いつの間にか段々そう思えないことが増えてしまっていました。

自分のしたい看護が出来なく、決まり事やルールが大きな組織の中では増えていきました。

それも窮屈に思えてきて、疲れた姿で患者さんに接していたりするそんな自分が嫌になっていました。

また組織の中では自分の意見を言った所で、上司に否定されればすぐに却下されてしまいます。

書類仕事やパソコンに向かう時間が増えて、本来の看護師としての業務よりも、別の仕事のウエイトが大きくなり、家に仕事を持ち帰ることも多々ありました。

手塚治虫の名言が私を変えるキッカケに

ヨガをする女性

そんな時に手塚治虫さんの名言に出会いました。

『人を信じよ、しかしその百倍も自らを信じよ』という言葉にはっとしました。

なかなか自分の意見が通らず自分の思い通りの仕事ができない中、私は決心して上司に退職を申し出ました。

上司は私に辞めないように説得され、今抱えている仕事の一部を他の人との仕事の分散することや、部署の異動などを提案されて、迷いに迷いました。

けれど、自分の気持ちに正直になり、前にも後ろにも進めない職場では本当に自分がしたい看護が出来ない。

このまま、この場所にいてはいけないと強く思うようになり、退職して次のステップに進もう!っと心に決め、日を改めて上司に辞める意思が揺るぎないことを伝え、引き継ぎなどもきっちりとやり終えてからその職場を去ることにしました。

学生の頃から憧れてそこで働くことを夢みて入れた大きな病院だったので、自分にとって退職するというのは一大決心だったのですが、手塚治虫さんの名言によって背中を押されて、ようやく自分の思う道を歩むことが出来ました。

今現在は海外で活動中です。そして、「私はどのような貢献ができるのか?」このような事を考えながら毎日楽しく生きています。

彼女の心を開き、読み解く

本と花

さて、ここからは何故、彼女は看護師の仕事が合わなかったのか?名言でなぜ、心が変わったのか?解説していきます。

看護師に向いていない原因とは?

本からアイデアが出てくる

まず、彼女の文を読み上げていく上で共通点がある事がお気ずきでしょうか?

話が少し飛ぶような文、「まず」「ステップ」「手順」のような言語があまり見受けられませんね。ここで分かる事は彼女はオプション型の傾向が高いという事です。

オプション型はアイディアマンと表現するのが分かりやすいかもしれません。

あらゆる可能性に興味があり、何かを想像する広がりに興味があります。しかし、オプション型は決められたルールに従うのがとても苦手です。彼女はこんな事を言ってますね。

「自分のしたい看護が出来なく、決まり事やルールが大きな組織の中では増えていきました。それも窮屈に思えてきて…」っと。

看護師のお仕事は基本的にはプロセス型のお仕事です。プロセス型とは何かの手順に沿って仕事などを行うとモチベーションが上がるLABパターンです。彼らは新しいモノを想像する事は苦手です。

しかし、プロセスに乗っ取り、正しい方法を行う事はとても得意とします。看護師、製造業等の方はプロセス型は向いていると言えるでしょう。オプション型は新しいプロジェクトの企画をする会社、コピーライター等は天職と言えるかもしれません。

私の知人の面白い話をしましょう。彼らは地元でとても優秀な学校を出ており、看護師の道に入られた方です。

一人はプロセス型が強い方。もう一人はオプション型が強い方。

プロセス型の方は先ほど話した通り、手順に沿って仕事をする事が得意です。プロセス型の知人は仕事も認められ、現在も看護師のお仕事を続けています。

オプション型の知人はというと、毎日、上司に叱られ、2年も立たない内に看護師を辞めています。看護師を辞めた後は美容家として活躍しており仕事は順調です。オプション型の知人にとっては様々な選択肢がある美容家の仕事が適合したのかもしれません。

看護師に向いている人とは?

本でハートを作った写真

彼女はあるパターンも強い事が分かります。

それは、人間重視型です。人間重視型は感情や気持ちでモチベーションが上がるタイプパターンです。

彼女もこんな事を言っていましたね。

「元々、沢山の人のためになろうと志して看護師になり…」

ここから分かる事は彼女は人間重視型が強いという事です。そして、こんな事も語っています。

「後輩や看護師学生を指導したり、だんだん仕事での責任が重くなり…」

ここから分かるのは物質タスク重視型が強くは無いという事です。物質タスク重視型とは「業績が上がる」「出世」する事に興味があり、気持ちや思いには興味がありません。物質タスク重視型が響く言語「責任は私がとる」を人間重視型の方に使うとても嫌がります。

看護師は物質タスク重視型が求められる世界です。診断中に何かトラブルがあって感情的になったら困りますよね。

価値観(価値基準)が仕事を継続させた

変化が怖い人形

では、なぜ、彼女は自分に不向きの看護師の仕事を10年以上もお勤め出来たのでしょうか?

それは「価値観」に答えがありました。

名言を聞く前の彼女の一番目にあった価値基準は「安定」という話を伺いました。これが彼女を10年以上も看護師を務めた原因です。

しかし、辞める原因になった「後輩や看護師学生を指導したり、だんだん仕事での責任が重くなり…」状況になり、

手塚治虫さんの『人を信じよ、しかしその百倍も自らを信じよ』が心にハマったのでしょう。

彼女はこんな事を話してくれました。

「私は昔からイエスマンで人の周りに合わせてばかりの人間でした。特に、辛い時は周りからどう思われているのか?気にしてばかりいました。」

ここから分かるのが彼女は強い外的基準型と分かります。外的基準型は自分に判断基準がなく、相手に決めてもらう事が大切と思うパターンです。名言を聞く前の彼女の口癖は「分かりました」だったとそうです。

そして、名言を聞いた事で「自分の思いを表現したい!」「何かにチャレンジしたい!」っと思えるようになったと話して頂けました。これは外的基準から内的基準型にフィルターが変化した事が分かります。

内的基準型は自分で判断できる感覚です。そして、セルフイメージ(自信)の表れです。

「人を信じよ。しかし、その百倍も自ら信じよ」この言葉と真剣に向き合ったのでしょう。

彼女の価値基準は自分と向き合う事で大きく変わりました。

・名言を聞く前の価値基準

優先順位1位…安定

優先順位2位…協調

優先順位3位…仲間

・名言を聞いた後の価値基準

優先順位1位…自分らしさ

優先順位2位…やりがい

優先順位3位…自由

名言を聞いた後の価値基準がとても大きく変わっているのがかわります。特に「自分らしさ」「やりがい」は自分の感覚を戻し始めた表れと分かります。

偽っていた、プロセス型から自由を求める自分へ

最後に彼女はこのような事を語ってくれました。

「私は狭い世界しか知らなかったと、ようやく分かりました。1歩前に踏み出せば、可能性はいくらでもあると、辛い時期から学びました。自分にもチャレンジ精神があると分かったのは私にとって宝物です」

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 辛い時の名言集 , 2019 All Rights Reserved.